記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

データ復旧サービスを比較する時のポイント

大切なデータが保存されたHDDが壊れてしまった、RAIDでトラブルが起きたなど、データのトラブルが発生した時に頼りになるのがデータ復旧サービスを提供している復旧業者です。


しかし、需要の高まりにつれてデータ復旧サービスを提供する業者はとても多く、どこに依頼すればよいのかわからないという方もいると思います。

業者選びに失敗しないためにチェックしたいポイントをご紹介します。


■対応機器をチェックする

まずチェックしたいのが、データ復旧を希望する機器がその業者で対応している機器かどうかという点です。

データを保存する記憶装置として有名なのはHDDですが、一口にHDDといってもRAIDを構築しているケースやNASとして利用しているケースなど様々です。

さらに、RAIDの場合は複数のRAIDレベルが存在しています。


他にも、USBメモリやSDカード、内臓メモリタイプのビデオカメラなど。

データ復旧が必要となる機器はとても多く存在しています。

「HDDには対応しているけど、RAIDには対応していません」といった業者もありますし、対応実績に乏しいにも関わらず依頼を受けてデータ復旧が失敗に終わる、といった可能性もあります。


■お客様の声をチェックする

多くの復旧業者はホームページにお客様の声を復旧実績として掲載しています。

誰でも聞いたことのあるような有名企業や研究機関などの復旧実績が多い業者は難しい案件にも対応している可能性が高いと言えます。

重要なデータを取り扱うことが多く、多くの社員や顧客が同時にデータにアクセスするような使い方をしている法人は.RAIDやサーバーを導入しているケースがほとんどですので、そういった会社の実績が多いということはそれだけ難しい復旧でも実績があるということになります。

実績が多いということはそれだけノウハウが蓄積されていることになりますので、データ復旧の成功率にも関わってきます。


■セキュリティへの取り組みをチェックする

データ復旧を依頼する時に重要なポイントがセキュリティです。

データ復旧を依頼するためには大切なデータが保存されている記憶装置を渡す必要があるのですが、セキュリティがしっかりしていない業者に依頼をして情報が漏洩してしまうという事態は避けなければなりません。

業者のセキュリティ体制をチェックする方法ですが、第三者機関による評価や認証が得られているかを見るのが簡単で確実な方法でしょう。


企業のセキュリティ体制を評価するものとして有名な物が「プライバシーマーク」の取得と「ISO」です。

これらを取得しているかどうかは必ずチェックすべきです。


ページトップへ