記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

データ復旧サービスの費用について

データ復旧サービスというものをご存知でしょうか。

その名のとおり、自分では復旧が難しいデータをプロの技術によって復旧してくれるサービスです。

データ復旧サービスを提供している会社は日本に約100程度存在していると言われています。

法人を中心に取り扱うデータの重要度が高まり需要が増加していくにつれ、サービスを提供する会社が増えています。


しかし、サービスを提供する会社が増えるにつれて、高額な請求をされた、復旧できなかったが費用を請求されたといった業者とのトラブルも少なからず発生しています。


■データ復旧サービスの費用

データ復旧サービスには当然費用がかかります。

依頼する際に気になる点の一つですが、データ復旧の費用はどの程度かかるのでしょうか。

まず、復旧にかかる費用は「復旧するデータ量」「障害内容」「復旧する機器」によって変わります。


復旧するデータ量ですが、当然10GBのデータを復旧するよりも1TBのデータを復旧するほうが作業に必要な時間が長くなるため高額になります。

また、障害内容も軽度な障害よりも重度の障害のほうが高額になります。

サービスを提供しているデータ復旧会社のホームページを見てみると目安の料金表が乗っていますので参考にすると良いと思います。

ただし、重度障害は「都度見積もり」としているところが多いです。


■無料診断サービス

データ復旧業者は最初の診断費用を無料で行ってくれる会社が多くあります。

診断とは、復旧を希望している機器を調べ、どのような障害が起きているのか、復旧にはどのような作業が必要かといった部分の調査となります。

ホームページに費用が掲載されている会社がありますが、この診断によって軽度の障害なのか、それとも重度の障害なのか、といったところを調査することになります。


また、電話で症状を伝えることで大まかな見積もり金額を出してくれるところもありますので、電話やメールで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。


■データ復旧が成功しなければ無料!?

データ復旧会社の多くは「成功報酬制」となっています。

つまり、データが復旧できなければ費用はかかりません。

また、一部復旧できなかったデータがある場合は見積もり金額よりも値引きしてくれるといった会社もあります。


復旧業者の中にはデータ復旧が成功しようが失敗しようが費用がかかる会社がありますので、依頼をするまえに確認しておくとよいでしょう。


ページトップへ