記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

ハードディスクのデータ復旧の方法

「パソコンが壊れた!」、「データがなくなった!」、「ハードディスクが読み込めない!」・・・そんな症状に陥った時に活躍してくれるのが、データ復旧業者。

大切な写真や動画、メールなどを、ハードディスクから取り出してくれます。

でも、症状によっては自力でデータを復旧させることも可能。


■パソコンが起動しない場合

パソコンが起動しない場合は、ハードディスク以外の部品が故障しているだけで、ハードディスクそのものにはなんの不具合もないことも。

そんな時は、パソコン本体からハードディスクを取り出し、別のパソコンから見ると、問題なくデータを取り出せる場合もあるので、試してみてください。

ただしその場合は、電気量販店や通販サイトなどで、「USB変換ケーブル」や「外付けハードディスクケース」などを購入する必要があるので注意が必要です。


■外付けハードディスクが壊れた場合

外付けハードディスクに関しては、ハードディスクそのものではなく、ケース部分やケーブルの故障という可能性も考えられます。

こちらも「USB変換ケーブル」や「外付けハードディスクケース」などを使って、データを復旧させられないか確認してみましょう。

しかしこの方法は、特殊なフォーマットでデータが保存されているネットワーク接続型ハードディスク(NAS)には使えないのでご注意ください。


■ファイルを削除してしまった場合

こちらは、すぐにデータ復元ソフトを用いることで、復旧させることが可能です。

ただ、ダウンロードやインストールによって、元々データがあった箇所に、別のデータを上書きしてしまうと、復旧は出来なくなります。

事前に説明書などを良く読んでから使用するようにしてください。


上記方法は、ハードディスクやデータ自体になんの問題もない場合だけに通用する方法です。

物理障害や、重い論理障害などが起きている場合は、自力での復旧はほぼ不可能と言っても良いでしょう。

特殊な機器やソフトウェア、また専門的な知識が必要となってきますので、自分では難しそうだと判断したら、無理して色々試したりせず、すみやかにデータ復旧業者に依頼してください。


ページトップへ