記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

パソコン内臓HDDのデータ救出方法

パソコントラブルとして最も多いのがHDDのトラブルです。

HDDはパソコンの構成パーツの中でも最も壊れやすく、普通に使っていても経年劣化で寿命を迎えることもありますし、落下など強い衝撃を与えてしまうことで破損することもあります。

HDDは最もトラブルが起きやすいにも関わらず、大切なデータが保存されていることから受けるダメージも大きくなります。

そうならないように普段から外付けHDDなどにバックアプを行ったり、定期的に交換をすべきですが、いつ壊れるか予測が難しいため準備が十分に出来ないという問題もあります。


■HDDの物理障害からのデータ復旧方法

HDDトラブルの症状として多いのが物理障害です。

HDDは様々なパーツから構成されている精密機器ですが、そのため衝撃にはとても弱く、落下等によって簡単に破損してしまいます。

内部のパーツが正常に動作しなくなればデータの読み書きは出来なくなってしまいます。

そのような症状を物理障害といいます。

物理障害が発生してしまったHDDからデータを救出するには、破損している箇所を修理して正常にデータの読み書きが行える状態にし、データを読み出すという作業が必要になります。

破損箇所の修理にはHDDを分解しての作業が伴いますが、そのためには塵の混入を防ぐためのクリーンルームなどの設備が必須です。


しかし、これらの設備を用意したり、破損箇所の交換パーツの手配が個人では不可能に近いため、物理障害からのデータ復旧は専門業者に依頼する必要があります。

専門業者とは、クリーンルームや修理用交換パーツといったストックを完備しているデータ復旧業者です。

物理障害が起きているHDDからも高い確率でデータを救出してくれます。

物理障害が発生してしまった時には速やかにパソコンの電源をオフにして使用を控え、データ復旧業者に相談しましょう。


■データの削除、フォーマットからの復旧方法

HDDに物理障害が発生しておらず、あやまってデータを削除してしまった場合やフォーマットしてしまった場合の症状を論理障害といいます。

物理障害よりは軽度の障害といえ、市販されているデータ復元ソフトでデータを復旧出来る可能性もあります。


■HDDは正常だがパソコンが起動しない場合

HDDに故障は起きていないが、その他のハードウェアに以上が発生してパソコンが起動しない場合、内臓HDDをパソコンから取り外し、外付けHDDのようにしてデータを復旧する方法があります。

この場合、復旧には故障したものとは別のパソコンと、取り出したHDDをUSBに変換するケーブルが必要となります。


ページトップへ