記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

こんなデータ復旧業者には要注意

パソコンが起動しない、HDDが壊れてしまった、データを誤って削除してしまった、そんなデータの様々なトラブルから大切なデータを復旧してくれる存在のデータ復旧業者ですが、その数は年々増加しており、トラブルが発生しているという話も耳にすることがあります。


トラブルを避けて大切なデータを救出するためにも業者選びはとても重要です。

そこで、こういった業者は避けたほうが良いというポイントを挙げさせていただきます。


■実績の乏しい業者はさける

データ復旧業者は大抵ホームページを立ち上げていますが、そこに掲載されている復旧実績が乏しい業者は避けたほうが良いでしょう。

実績の少ない業者は技術や設備、スタッフのスキルが十分ではないことが多く、肝心のデータ復旧が成功する確率が低くなります。


市販の復旧ソフトでも解決できそうな軽度なデータ障害であれば問題はありませんが、機器の物理障害トラブルや、RAID、サーバー、NASといった専門知識が求められる機器のデータ復旧の場合は失敗のリスクが高いといえます。

また、そもそも対応していないために大手に外注に出され、その分直接大手に依頼をする時と比べて費用が高くなることもあります。


依頼をする際には業者のホームページを確認し、豊富な機器に対応している実績や、難易度の高い事例に対応している実績などを確認するようにしましょう。


■費用が成果報酬制ではない

データ復旧業者の多くは成果報酬制をとっています。

これはデータの復旧に成功した時だけ費用が請求されるというものです。

業者の中にはデータ復旧に失敗したにも関わらず、作業費用を請求してくる会社もあります。

依頼をする際には、費用は復旧の成否にかかわらず発生するのかどうかを確認するようにしましょう。


また、復旧費用以外にも、初回の相談時に行う診断費用というものがあります。

これは、HDDやパソコンといった機器にどのような障害が発生していて、どのような処置が必要かを調べるためのものです。

こちらの費用も多くの業者が無料でサービスしていることが多いです。

しかし中には診断費用が有料のケースもありますので、相談をする前に必ず確認しましょう。


■情報漏洩への取り組みがなされていない

データを復旧するためには、復旧したいデータが保存されている機器を復旧業者に渡して作業をしてもらう必要があります。

つまりこれは、大切なデータ、機密情報といったものを外部企業に渡すという行為になります。

最悪の場合、データをコピーされて情報漏洩に繋がる可能性があるということも考える必要があります。

そういったことにならないよう、評判の良い優良復旧業者はセキュリティへの取り組みが徹底されています。


具体的な見分け方としては、Pマーク、ISMSといった第三者機関によりセキュリティチェックで評価を得ているかどうかを確認する方法があります。

依頼する際にはこれらの認証を得ている業者かどうかを確認したうえで、各社のセキュリティへの取り組み方法をよく吟味したほうが良いでしょう。


ページトップへ