記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

電源は入るが画面が出ない、起動しないパソコンの修理

電源ボタンを押すと、通電はするけど、画面になにも表示されない、Windowsも起動しないとなった場合、どのように修理すれば良いのでしょうか。

まずは考えられる原因をピックアップして、なにが問題なのかを把握する必要があります。


・電源ユニットの故障

・マザーボードの故障

・CPU、メモリーの故障

・グラフィックボードの故障

・ハードディスクの故障

・ケーブルなどの接触不良


まずは最もよくあるのが、ケーブルやメモリー、グラフィックボードの接触不良。

それぞれ一度外してから、しっかりと奥まで挿し直し、一度起動させてみましょう。

メモリーやS-ATAなどに、空きスロットがある場合は、別のスロットに挿し変えてみるのも手ですよ。

これで直らない場合は、パーツの故障が考えられます。

もしBIOSが生きている状態でしたら、BIOS画面を開いて、各デバイスが正しく認識されているか確認してみるのも良いでしょう。


各パーツに問題がなければ、電源ユニットに不具合が生じている可能性があります。

不安定な電源を使っていると、ハードディスクに余計な負荷をかけてしまい、故障やデータ破損の原因になりかねませんので、交換可能ならすみやかに交換することをおすすめします。


ただ、自力で原因を切り分けたり、パーツを交換することは、自作でパソコンを作れる人でもなかなか難しいもの。

加えて、特にパソコンを酷使している場合、原因はひとつではなく、複数箇所が同時に故障してしまっていることもあり、なかなか原因を突き止められない可能性もあります。

まずはケース内をクリーニングして清潔に保つこと、それでもダメな場合は早めに修理業者に依頼することおすすめします。


ただし、その際に注意したいのが、信頼出来る業者に依頼するということ。

メーカー修理ならいざ知らず、街の修理業者の中には、適当に扱って、データを誤って消しておきながら、「ハードディスクが故障していました」と、悪びれもせずに誤魔化したりするところもあります。

もしパソコンの修理を業者に依頼する場合は、実績が数多くあるところ、個人情報を適切に取り扱っているところから選ぶようにしましょう。


ページトップへ