記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

RAIDとは

RAIDとは、複数のハードディスクをコントローラーによって一台のハードディスクと認識、管理する技術、またはその技術を用いたハードディスクのこと。

データを分散して読み書き出来ることが特徴で、これを活かすことによって、データを高速に読み書きしたり、安全性を高めることが出来ます。

ミラーリングしたり、冗長性を高めたりといった目的に応じてRAID 0~6の設定があり、それぞれの詳細は以下の通り。


■RAID 0

2台以上のハードディスクを、1台の大容量ハードディスクと認識させるストライピングと呼ばれる構成。

複数のディスクにひとつのデータを分散して並列に書き込めるため、データの読み書きが非常に高速なのが特徴。

最も利用される設定のひとつですが、ハードディスクが1台でも故障するとすべてのデータが失われてしまうというリスクをはらんでいます。


■RAID 1

2台のハードディスクに、それぞれまったく同じデータを書き込むミラーリングと呼ばれる構成。

まったく同じデータが書き込まれたハードディスクが双子のように2台存在するため、1台のハードディスクが故障してもデータの読み書きが行えます。

ただし常にファイルごとに2倍のデータ量が必要になるため、使用出来るハードディスクの容量は従来の半分しかありません。


■RAID 0+1/RAID 1+0

前述のRAID0とRAID1を組み合わせた構成で、ミラーリングの安全性と、ストライピングのスピードを併せ持っている点がポイントです。

ストライピングした複数のハードディスクをミラーリングする「0+1」と、ミラーリングした複数のハードディスクをストライピングした「1+0」の2種類がありますが、ハードディスクへの耐久性としては「1+0」のほうがより優秀です。


■RAID 5

記録データを修復するための冗長コード(パリティ)をすべてのディスクに分散して記録する設定で、最低3台以上のハードディスクから構成されます。

書き込みはパリティを算出しながら行うためそれほど高速ではありませんが、読み出しは複数のハードディスクから同時に行えるため非常に高速。

また障害に強く、ミラーリングに比べて大容量という、RAID0とRAID1の良さを兼ね備えた設定となっています。


■RAID 6

前述のRAID 5の安全性をさらに高めた設定で、パリティを2重化することで、3台中2台のハードディスクに障害が起こっても、データを復旧することが可能です。

RAID5に比べて、パリティの容量が2倍、生成のための時間もかかるため、比較的書き込み速度は低下してしまいますが、安全性の高さではどの設定にも優っている点が特徴です。


これらRAIDのハードディスクは、ハードディスクをそのまま使う場合に比べて、はるかに故障しにくくなっています。

しかし複雑な設定やコントロールを行っているため、もしも故障してしまった際は、一般ユーザーが自力でデータを復旧させることは非常に困難となっています。

RAID構成のハードディスクが故障し、またデータの復旧を行いたい場合は、データ復旧を専門に取り扱っている業者に依頼するようにしましょう。

なおその際は、特殊なRAIDのデータ復旧に実績がある業者をなるべく選ぶようにすることをおすすめします。


ページトップへ