記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

論理障害・物理障害によって変わる対策方法

ハードディスクに保存していたデータが失われてしまった場合、その原因として、大きくふたつが考えられます。

それは「論理障害」と「物理障害」です。

二つの原因の違いと対処方法についてご説明します。


■論理障害

論理障害とは、主に以下のような障害をいいます。


・間違ってフォーマットを実行してしまった

・ファイルを知らないうちに削除してしまっていた

・ハードディスクのパーティションを誤って削除してしまった

・アクシデントでコンセントから電源プラグが抜けてしまった

・使用中に停電が発生してしまった


■物理障害

物理障害とは、主に以下のような障害をいいます。

・メディアを誤って水没させてしまった

・メディアを誤って落下させてしまった

・ハードディスクからカタカタ・カラカラという異音が発生している

・メディアがハードウエアとして認識されなくなってしまった


■障害によって変わる対策方法

論理障害か物理障害かによって、その後の対策を変えることで、データ復旧の可能性は大きく高まります。

論理障害の場合は機械には問題がなく、データが破損している状態なだけですので、例えば市販のデータ復旧ソフトを使って復旧出来る可能性があります。

ただし、消えたデータの上に別のデータを上書きするなど、重度の論理障害の場合はこれにあてはまらないことを覚えておきましょう。

また、データ復旧ソフトは対応している記憶装置が限られるという点も要注意です。

最近はハードディスクの代替品としてSSDを内蔵しているパソコンが増えています。

SSDに対応している復旧ソフトは現時点で限られています。

下手に操作をして症状を悪化させないようにすることが大切です。


また、パソコンが起動しないからと電源のオンオフを繰り返したり、データが消えているのが分かっていてディスクユーティリティーを起動した場合、データ復旧の可能性を大きく損ないかねません。

絶対に止めておきましょう。

物理障害の場合は、ハードディスクを構成する部品が破損している状態であるため、その部分の修理、または修理しなくてもデータを吸い出せる設備が必要となりますが、さすがに自力ではどうすることも出来ません。


さらに、故障の内容によっては、通電させるだけでより状態を悪化させてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

ハードディスクの物理障害は復旧ソフトで復旧することが出来ません。

また、自分でハードディスクを分解しての修理はデータ復旧の可能性を大きく低下させることになるためやってはいけません。

障害が判明した時点で速やかにデータ復旧業者に相談してください。


ページトップへ