記憶装置の進化とデータ復旧イメージ

SSDのRAID1構成のデータ復旧

補助記憶装置として急速に認知されてきたSSDは、データの読み書きのスピードにおいて定評があります。
ハードディスクとは違い、磁気ヘッドや円盤部分の回転などがないので、 データの読み書きがとても素早く行える点が大きな魅力です。
ですが、ハードディスクと同様、多くのデータを保存していますので、 万が一壊れてしまいますと、データ消失の危機となり、大きな問題となってしまいます。


もし、補助記憶装置が故障してしまうと、データにアクセスできなくなってしまうのです。
使っているかぎり、このようなトラブルはいつ起こるともわかりません。
ですから、SSDが壊れたときのための対策を立てておくことが肝心なのです。



■データバックアップで対処した場合のリスク

通常、補助記憶装置の故障は、データをバックアップしておけば心配はいりません。
バックアップデータをリストアすることで、データ復旧は完了しますからです。
ですが、データのバックアップは常時行われているわけではありません。
自動的に取得する設定にしておくこともできますが、 バックアップと故障のタイミングが大きくずれてしまった場合、 そのデータ内容に大きな差がでてきてしまうのです。


バックアップのリストアでは、完全にデータ復旧を行うことはできませんので、 手入力で補足していく必要があります。
手作業ということは当然人為的ミスも生まれる可能性が高くなりますので、 データ復旧作業でさらなるトラブルとなる可能性もおおいにあります。


■RAID1構成の構築

データ復旧において大きな役割を果たしている技術がRAID1構成です。
ハードディスク2台に同時にデータを書き込むのですが、SSDにも応用できます。
2台のSSDを準備して、専用ハードウェアやソフトウェアを用意すればOKです。
ただ、SSDとハードディスクは大きさが違いますので、 以前にRAID1構成をつくった経験のある人は、そのときに使ったツールを使えない場合もあります。
SSDは2000年代後半になって開発された新しい補助記憶装置ですから仕方ありませんね。


■RAID1構成のデータ復旧

SSDを使ってRAID1構成をつくった場合、データの保守性は非常に高まります。
もし、SSDが1台壊れたとしても、稼働し続けることができますからね。
データ復旧の流れとしては、故障したSSDを新品に交換し、 ソフトウェアやハードウェアのリビルドボタンを押せば完了です。
正常に終われば、接続しているディスプレイに完了メッセージが出ますので、 リビルド初心者にとっては親切な仕様となっています。


データ復旧の際、気をつける必要があるのは、2台目のSSDが故障した時です。
リビルドの際、用いるデータを参照できなくなってしまうので、データ復旧が難しくなるのです。
そのようなトラブルを避けるためにも、できるだけ早急に新たなSSDを準備し、リビルドを行う必要があります。
もし、複数のハードディスクが同時に壊れてしまったら、 RAIDデータ復旧に精通しているプロのデータ復旧業者に依頼をすれば、データ復旧できるかもしれません。


もちろん、専門的知識や高度なスキルを必要とする作業ですから、復旧費用は高額になりますが、 失ってはいけない大切なデータであれば、データの価値に見合うかどうか考慮して依頼すべきですね。
データ復旧業者も数多くありますが、特に口コミや評価が良い会社は、 デジタルデータリカバリーという会社です。
初期診断を行って、復旧にかかる費用の見積までしてもらえますので、 データ復旧トラブルでお困りの方は一度相談してみてはいかがでしょうか。


ページトップへ